読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ一生新規

〜愛されたい訳じゃない 君の全てを愛していたい〜

メンバーが減ったことを受け入れた日

 

 

Travis Japan大好きな性悪モンペが主観と主観と主観で語ります。
以下、自己責任で。

 

 

 

 

 

つい先日まで「9人」から動いてなかった時間が、アイランドに行ったことでまた動き出しました。

 


 

なんで?って思ってしまうことはある。
直近で言えば、なんでオレンジの衣装着てるんだろう?とか、トラジャにいたときの方が良い顔してない?とか思ってました。


以前は本当によく見てた、少クラで優馬くんのバックについてるトラジャとか、最近は辛くて見てなかった。交差点であらんちゃんが出てきたときの悲鳴のような歓声、それはまさに「Travis Japan阿部顕嵐」を待っている人たちの声であり、彼の居場所を示していた。YOLO momentを見ては、こんなに可愛くて楽しそうで、弟組の他の4人とも息ピッタリで、なんでこの子がいなくなってしまったんだろう?って、すごく思った。

彼自身も他のメンバーも、何も語ってくれないけど、何も思ってないわけがない。無理に決まってるのに、なんか言ってよって思ってしまう。

 

でも、あらんちゃんはあっちでもう居場所を見つけてた。他のメンバーもあらんちゃんを求めていて、あらんちゃん用のポジションを空けてあった。
大人数になるにつれ曖昧になりやすい役割を、ハッキリと与えられてた。
周りも彼自身もそれを受け入れていて、すでに形になってる。
そんな気がする。


だからって、勘違いしないでほしい。盲目にならないでほしい。どうか知っていてほしい。トラジャにだって確かに居場所があったこと。みんな彼を必要としてたこと。
彼を分かってあげられるのはらぶだけじゃないよ?それよりも、もっとずーっと前から彼のこと、ちゃんとわかってる人たちがいるんだよ。

 

取った取られたなんて話はしたくなくて、そんなの誰も良い気はしなくて。
でも互いにチクリチクリと言い合ってるのを、たまに目にしてきた。
もちろんみんながみんなって訳ではないけど。

そんな、こちら側の人たち同士の絡まった糸を、綺麗に解してくれるのは紛れもなく本人たちで。


アイランドに行って、この人たちはライバルだけど、いい仲間なんだって思えた。
嬉しそうに、そして本当に楽しそうにらぶを盛り上げる七五三掛龍也くんに、Travis Japanのメンバーに、胸を打たれた。

ちなみにしめちゃんは、贔屓目なしに(←たぶん)、誰よりも前を見つめてた。下を向く振り付け以外のところでは基本常に顔を上げていて、強い眼差しで舞台に立っていた。隙あらば客席に顔を向ける...全身から溢れる自信に、芯のある何かを感じた。

"今"を受け入れて、前を見て、いつの間にか進んでた。いや、最初から止まってなんていなかったのかもしれない。ぐずぐず立ち止まっていたのは私だけだった?
そう思わざるを得なかった。
初めてトラジャに、置いて行かれた気がした。


私は、そんな風に前を見る今の"8人"を思いっっきり応援したい。
そして7人も同じように応援できるようになりたい。
また9人に戻るかもしれない、そんな淡い期待はとりあえず引き出しの奥にしまった。
今あるものを受け容れる。
9人に固執することと、9人であった時代を忘れないでいることは、きっと全然違う。
私が好きになった9人は忘れないまま、8人を好きになろうと思う。


こうでも言っておかないと、私はいつまでも8人のTravis Japanを、阿部顕嵐がいなくなったTravis Japanを受け入れることができないし、微塵も悪くない彼らに嫌な気持ち抱いたままなんだよ。そんなのやだ。

 

 

今、応援しているグループが好きなら、好きなうちに本気で全力で愛さないと。
いつその形が壊れるか分からない。メンバーが変わらないという確証なんてどこにもなくて、前触れもなく急にいなくなってしまうかもしれない。グループ自体がなくなる可能性だってある。
「失う」って、とてつもなく辛くて苦しくて、想いが強いほど受け入れ難いことだから。時が経てば、元のグループにその子がいた事実すら知らない人が増えて、あたかも最初からいなかったかのように扱われるかもしれない。


それは、龍ちゃんがいなくなった今のJUMPと一緒で。トラジャもそうなるかもしれないと考えたら怖くて。
自分のことしか考えられない私は、やっぱりJr.担には向いてないのかも。
何年先になるか分からないけど、JUMPが夢叶えたら七五三掛担を名乗ろうかと考えてた。でも、それまでTravis Japanは続いてる?人数は減ってない?そもそもしめちゃんはまだジャニーズにいる?
色んなこと信じきれない私は、まだまだ七五三掛担を名乗る技量なんてなさそうです。
JUMPの夢が叶う前に、私はもっとしめちゃんを、Travis Japanを信じられるようになりたい。

担当だけでなく、大好きなJr.の色々を含めて、2017年のオタ活目標は「受けとめる」にしてみました。

しめちゃんとトラジャを信じきれないのは、私が彼らの言葉を、言葉の裏に隠された真意を、取りこぼしているからのような気がしていて。
それに加えて、トラジャには多くを語らない子が多い気がする。
無理だろって思われるくらいおっきな夢、もっと語ってくれたっていいんだよって思うんだけど、たぶんそういう子の集まりじゃない。そして、敢えてそうしないのがトラジャなのかなとも思う。トラジャは、年齢の割にはなんとなく大人びた感じがして(ネジが外れることもよくあるけど)、ガンガンいこうぜ!!ついてこい!!って感じがそこまで強くないというか。そうすることが基本モードじゃない。全然、悪い意味ではなくてね。
ファンを、見ている人たちを、置いてかない。勢いだけじゃない。一緒に行こう、って感じがする。うまく巻き込んでくれるの。彼らの良いところだと思う。
他と比べるのは良くない。トラジャはトラジャ。
おっきな夢を語るんじゃなくて、密かに胸に抱いたそれを叶えるために、まずやりたいこと、やらなきゃいけないことを、現実的に確実に語ってはクリアしていく子たちなんだと思う。

だからこそ、取りこぼしちゃいけない。

JUMPに盲目で、トラジャには「好き」という感情を抱くだけで深く考えることはしてこなかった。知りすぎて深入りしてしまうのが怖かったというのもあると思う。だから、雑誌を買ってもテキストはすっ飛ばすとか、そんなもったいないことしてた。
今からでも、トラジャのページをひとつずつ読み直して、彼らのひとつひとつをこの手で受け止めて、取り込んでいきたい。
そうすれば、少しずつ彼らを信じられる要素が積み重なっていく気がする。

 

まぁこの際だから言うけど、正直めちゃめちゃ悔しいよ。ほんっっとに、くやしい。くやしい!!!

でも、きっとここから。

メンバー減少上等じゃん。めぐりくる運命を逆手にとって射抜いてよ。トラジャならやれる。やってくれる。

まずはオリ曲がほしい。超、切実。

 

 

いつかJr.担を名乗る日がくるかな。
生涯無縁だと思っていた担降りを2度も経験している身なので、なによりも1番信用できないのは自分だと分かってる。だから、そうだな、マリウスが終わる4月頃には七五三掛担を名乗ってる可能性も十分にあるかな。
マリウス堕ちの七五三掛担?えー楽しそう笑

 

自分の今後が楽しみです。

 

 

f:id:mycaptivelife:20170126084339j:plain

 Worldwide DancingなTravis Japanがもっと輝きますように!

(ちなみに、私が8人の画像を自ら世に流すのはこれが初めて。ぱちぱち。)