読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ一生新規

〜愛されたい訳じゃない 君の全てを愛していたい〜

回り道でも一番前

 
 
ダンスクとステナビを読みながら泣いてる人です。
私がサボらなければ書くであろうマリウスと祭りの記事の前に綴っておきたい。
 
 
 
 
 
 
 
あらんちゃんのことは前の記事で書いたので…まず、ひろきのこと。
 
2月23日、情報局からクリエの詳細メールが届いて一番に確かめたのは、悔しいけれどトラジャの人数だった。そしてトラジャ公演にそのはなかった。
ようやく「8人」を受け入れられるようになってすぐのことで、思わず泣いた。
Jr.を応援している以上、その子がなにも言わずにいなくなってしまうなんて誰にでもあり得ることなのに、どこか遠い存在だと思っていて、自分には関係ないとキラキラした未来だけを想像していた。こんなにも唐突に、あっなく、自分の好きなグループでそれに直面するとは思っていなかった。
 
推されていなくても、確実な人気とファンと、それに見合った実力を持つTravis Japan
そうでありながら、そのグループを、Jr.でいること自体を辞めるという決断をしたひろき。
相当な覚悟を持って、そして切り捨てられない明確な目標を持って、その決断をしたんだと思う。中途半端な気持ちで簡単に辞めるような子じゃないことくらい、分かってる。
 
自分の涙の理由となる感情はなにか…強いて言うなら「寂しい」。メンバーが減る、という事実だけに対する「悲しさ」もあったと思う。
でも。ひろきの件は、受け入れるまでがかなり、かなり早かった。
それは、ひろきのファン、トラジャのファンの方たちのおかげ。新しい世界へ歩き出す決断をしたひろきに、あたたかい言葉をかける人たちがたくさんいたから。精一杯にその背中を押していたから。その先のひろきに期待していたから。今までこんなに温かく見送られた子がいるかな?ってくらい。
多くのファンをそうさせたのは、ひろきの人となりと、今までの頑張りだと思う。
 
そして、なにより一番にひろきを応援しているのはTravis Japanのメンバー自身な気がして。
少クラで披露された「PERFECT」にメッセージ性を感じずにはいられず、何度も何度も何度も何度も、もう数え切れないくらい繰り返して見た。
初めて見たとき、誰よりも強くひろきの腕を掴んだみゅうとくんに釘付けになった。大した意味なんてないかもしれない。でも、腕を掴まれたひろきは何を思っていたかなって考えたくなる。トラジャはね、君が行くなら間違いないと、背中を押せる強さを持ってる。立ち止まらずに突き進む姿を、また率先して見せてくれた気がした。トラジャらしいと思った。
それから、ひろきのやる気スイッチが「Travis Japan」だったこと、嬉しくて涙が出た。なんだよひろき。カッコよすぎるよ。最後まであなたは悔しいくらいにアイドルで、Travis Japanのメンバーだったね。
 
ひろき。Travis Japanでいてくれて、ジャニーズJr.でいてくれて、ありがとう。
笑顔を、幸せを届けてくれてありがとう。
大きな決断をした君の未来、何よりも輝きますように。ずっと応援しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まぁ、そう受け入れはしたけど、自分の中でTravis Japan=7人の方程式が成り立つようになるまでには、正直時間がかかると思う。立て続けにメンバーが減って、受け入れられない人だってたくさんいるだろうし。
それでも前に進むんでしょ。だってTravis Japanだもん。私知ってる。
 
その証拠に3月発売のダンスクとステナビ。
恥ずかしいことに声を上げて泣いてしまった。
ひとつひとつ、少しの感情も取りこぼさないように、みんなの言葉を丁寧に拾った。のえるとみゅうとくんの言葉を中心に綴る。
 
 
 
ー 如恵留「人間って、可能性の塊だと思ってるんですね。(中略)ひとりが何かに時間を費やしている間にメンバーが別のことを経験できる"グループ"って、可能性の掛け合わせなんです。」(ダンスク)ー
グループのことをこんな風に考えていたなんて知らなかったし、私はここまで深く考えたことすらなかった。こう思うことができるのえるだから、グループというもの、そしてそのメンバーに対する愛が、誰よりも強いと感じるんだよね。
 
ー 如恵留「メンバーのことを、嫌いになれるわけがないんです。その大切な人たちが、やりたいことがほかにできたと言うなら快く送り出してあげたいところなんですけど、やっぱり悔しさは拭い切れなくて。」(ダンスク)ー
ここでのえるが「快く送り出してあげたい」だけで済ませていたら、なに綺麗ごと言ってんの?ってきっと思ってた。10年連れ添った大切な仲間の決断に対する本当の気持ちを、正直に言ってくれたことが嬉しかった。
 
ー 美勇人「応援はしてあげたいけど、正直すぐには難しかったな。『なんで今?』という気持ちが抑えられなくて。」(ステナビ)ー
それはきっとファンも同じだったと思う。そして、みゅうとくんからこの言葉を聞けたのは嬉しかった。この先もちゃんとトラジャを続ける意志があるからこそ、なんで今なんだって思ってくれたんだって。勝手な解釈だけど。
 
ー 如恵留「真摯に仕事に向き合って評価してもらえるようになったにも関わらず、『夢を追いたい』って言葉を彼に言わせてしまったのかなって僕は思うんだよね。」美勇人「やっぱり悔しかったのは、こういう決断をさせてしまったことだよね。」(ステナビ)ー
メンバーを失った立場でありながら、そう決断させてしまったのは自分たち自身だなんて考える彼らは、人を想いすぎるというか、優しすぎるというか…。彼らがそう言うんだったら、私みたいなファンにも問題があったのかなと思う。未来を確信できるような景色を、彼らに見せてあげられなかった。もっとグッズを買うとか、お金がないならファンレター出すとか、できることはあったはずなのに全力でやらなかったから。もう後悔はしたくないし、同じ思いもしたくないから、無理なく楽しく過ごせる範囲で自分にできることはなんでもするって決めた。
 
ー 如恵留「僕たちがもっとすごくて、もっと色んなことができていたら、ふたりの"やりたいこと"もグループの活動の中でできたかもしれない。」(ダンスク)ー
ー如恵留「オリジナル曲やオリジナル衣装があって、もっとメインでやらせていただけている存在であれば、そういう決断には至らなかったんじゃないかなと。どこかで踏ん切りをつけなゃいけないと思わせてしまったんだよね。」(ステナビ)ー
泣くしかないよな。たった1つ、たったの1つだけでいいから、オリ曲があったら何かが変わっていたかもしれない。大切なものを失う悔しさも悲しさも抱かずにすんだかもしれない。たったひとつでいいのに、そのひとつを手に入れるのはとてつもなく難しくて、実力だけでどうにかなるものじゃないって言うのも確かで、悔しくてどうしようもなくて。トラジャをかまってやらないのは損失しか生まないってほとんどの人間が気づいてるんですけど、事務所はいつまでそんな馬鹿なことしてるんだろう。ほんと札束で叩くしかないのな。よし貢ごう。結局そこ。
 
ー 宮近「パフォーマンスはもちろん、メンバーの関係性もぽっかり穴が空かないように、7人のTravis Japanの姿を想像して自分で自分を洗脳してた」(ステナビ)ー
この「洗脳」という言葉が、事実を受け止めたくないでも受け止めなければならないという苦しい状況を嫌というほど分からせてくれた。いつだって下を向かない後ろを振り返らない強い姿勢を見せてくれていたトラジャだけど、それも無理矢理だったんだ。でも、無理矢理だとしても、ちゃんと進んでる。前を向く姿を見せてくれる。だから応援したくなる。ついて行きたくなる。
 
ー 如恵留「これからも彼らとの絆は続くし、大きな一歩を踏み出した勇気は、僕が見習うべきところだと思います。」(ダンスク)ー
のえるという人の人間性の高さに打ちのめされてる。悔しいと思っても最後にはその背中を押す、それどころかそんな決断をした勇気がすごいと彼らを称えるなんて、私にはできなかったこと。
 
一番泣いたのは、ステナビの最後。
ー 宮近「美勇人くんがいつも言ってるけど…、最後のひとりになっても…」美勇人「Travis Japanとしていたいと思ってる。」ー
ほんとに涙が止まらなくて。みゅうとくんはTravis Japanをすごく大切にしてくれているんだって、みゅうとくんの姿勢を見ていればそんなこと分かってたけど、 こうして言葉にしてくれたことが本当に嬉しい。あまり口にしてこなかったけれど、周りに流されて不安になることの方が正直多かった。世の中は平和主義の人ばかりじゃないし、戦意むき出しの人もいるし、前までは結構すぐ落ち込んだりマイナスに考えたりしてたけど、それでもみゅうとくんを信じてきてよかったって今なら思える。なんか安心した。最後のひとりになってもTravis Japanでいたいと言ってくれる人がいるんだから、Travis Japanを応援する以外の選択肢なんてない。
 
 
 
移動や退所について、そりゃ最初は色々思うところはあったし、「色々思うところはあった」どころじゃ済まされないくらいだったけど、それは、みゅうとくんが「なんで今?」って思ったように、のえるが最初は快く送り出せなかったように、今までトラジャ側からしか考えたことがなかったからだと思う。考えてみれば、あらんちゃんやひろきだって苦しかったんだろうなって。やっと、やっとそこまで考えられるようになった。
「夢を追いたい」と言わせてしまったと思うのなら。夢を追って他の道に行った子が後悔するくらい、あそこに残っていれば良かったと思われるくらいに、すごいグループにならなきゃね。なろうね。
 
 
 
 
 
前の記事で「彼自身も他のメンバーも、何も語ってくれないけど、何も思ってないわけがない。無理に決まってるのに、なんか言ってよって思ってしまう」と、私は書きました。
本来なら、退所や移動の事実を公に発表してもらえる存在じゃないから、私たちはドル誌やテレビ番組、公式サイトから察していくのが普通だし、彼らはそれを口に出さないのが暗黙の了解。それなのに、今回トラジャは語ってくれた。語られることなく曖昧にされていくはずのことを明確なものにしてくれた。そういう機会を設けてもらえたこと自体が貴重だし、本当にありがたいと思う。
先輩方が「Travis Japanのダンスは揃ってるのがすごくいい!」と言ってくれたり、直々に「あいつらを使いたい」って事務所の人に頼んでくれたり、「9人のダンスがいいよ!」と社長が評価してくれたり…それらを受けて、ちゃんと話し合って、色んなことを決めてくれていたという事実。9人が9人で進んできた道、抱えた悩み、気持ち…きっと私が見たものはほんの一部だけど、それでも今回、こうして知ることができて本当に良かった。
 
 
 
 
「9人のTravis Japan」に出会えたこと、好きになれたこと、応援できたこと、全部が胸を張って自慢できる奇跡だから、私は幸せ者だと思います。
また同じことを言うけれど、私が好きになった9人のTravis Japanは忘れないまま、もちろん8人のTravis Japanも忘れないまま、今度は7人のTravis Japanを好きになりたいと思います。
 
 
 
とにもかくにも、相も変わらずトラジャとトラジャファンの言いたいことは一緒だし、ただひとつなんだってことが分かった。今日も声を大にして言おう。
 
 
トラジャにオリ曲ください!!!