ジャニオタ一生新規

〜愛されたい訳じゃない 君の全てを愛していたい〜

「マリウス観劇」劇

 

まぁ怠惰なオタクだから祭り参戦後にマリウスの記事を書くとかいう不誠実極まりない態度でいつ殺されてもおかしくないです。おはようございます。
祭りに関しては横アリたまアリ城ホちゃんと書きたい、書くつもり。(どうかな。)

 


3月6日、自分が出るわけでもないのに何故か緊張して3時間しか寝られずに迎えた初日。
しめが、お稽古の成果を充分に発揮できますように。今日から約1ヶ月、無事にすべての公演を終えられますように。しめにとって、貴重な大切な一ヶ月になりますように。そう願いながら迎えた初日。
そこからほぼ隔週で、計4回に渡り観劇させていただきました。

 

 

■まず最初に、客とその観劇態度について。
会場に入ってすぐ、今まで経験したことのない客層にかなり戸惑った。舞台観劇だし落ち着いた服装ではあったけど、明らかに若者がここにいますって感じで少しだけ恥ずかしかった。
そしてこの舞台の観劇において一番思ったのが「笑いのポイントが一致しない」だった。これは年齢の違いが原因なのか?よくわからない。「え?まってなんでここで笑ったの?」「え、今の笑うとこじゃないの?!」みたいな、今まで抱いたことのない感情「周りの客のおかげでなんとなく観劇しづらい」。慣れないリアクションの差に、観劇中に邪念を抱いてしまいキャストの皆様には申し訳なかった。ごめんなさい。
まぁ面白いと思ったときに笑うのは全然良いんですけど、23日に観劇したときは酷くて。おそらく柄本明さんのファンの方で、私の2列くらい後ろに座っていた方が柄本さんの一挙一動にクスクスと笑うので、すごく気が散ってしまって。シリアスなシーンでもそれは変わらずだったので、本当に申し訳ないんですけど、最悪でした。折角とても良い席で観られた日だったのに、全然、集中できなかった。

公演中に双眼鏡を構える人なんて数える程度だったし(大体しめのファンだろう、同士よ…。)、初日にはお偉いさんみたいな人もたくさんいて(ちなみに戸塚田も見学に来ていて)、少し緊張したマリウスの観劇。はたから見たら"こんな若い子も観に来るのね"程度で済まされていたと思うが私は「観劇態度に気をつけないとしめちゃんの印象悪くしちゃうかも」と初回の観劇のときからずっと思っていた。別に普段から観劇態度が悪いわけでもないけど。でもタレントのためとかでなく常識として、そういうとこをちゃんと気をつけておくべきだよなと痛感しました。きっと柄本さんのファンもそんな方ばかりではないと思うから、今回はひとつ勉強させてもらったなと。
一部のファンのせいでそのファン全体のイメージやタレント本人の印象を悪くしてしまうなんてもったいなさすぎるから。人のふり見て我がふり直せで、自分は気をつけていたいです。

 

 

 


作品全体の感想
去年観劇し、激烈に心惹かれた「クロスハート」ですら2回目の観劇でおなかいっぱい状態だった私が、なんということか、マリウスに関しては2回目の観劇を終えてもなお「まだ足りない…もう一度…もっともっと…」と怖いくらいマリウスを欲していた。それほどに、観れば観るほど味が出るという感覚だった。

舞台はフランスのマルセーユ。主人公は海に憧れる青年マリウスとそんなマリウスに想いを寄せる少女ファニー。
マリウスのことを好きだからこそ彼を縛り付けたくないと、マリウスに嘘をつき海に行かせるファニー。ファニーへの気持ちと海への憧れに葛藤しながらも結局船乗りになることを選んでしまうマリウス。そしてその周りの人たちを絡めてすったもんだする。
…説明が酷すぎることは自覚している。あんなに素晴らしい舞台だったのに、オタクの得意技「推しメンロックオン」のせいで物語はうまく語れない…(4回も観ておきながら)。

舞台上のセットはかなり大がかりで細かくて、セット自体はほとんど動くことはない。そして常に演技のバックグラウンドまで抜かりない。
私は今まで、見せたいシーンを見せたいキャストのみで演出する舞台しか見たことがなかった。だから、物語を進めていくシーンが流れる一方で、それとは全く関係のないような、ハッキリ言うとその動きがなくても物語は進むようなシーンが流れていることに、新鮮味を感じた。それがなくても物語は進むが、それがあることによってよりその世界観にのめり込むことができる。舞台上のすべてが同じ空気感に染まり、完全にそこはマルセーユになる。
おかげで観劇を重ねるごとに、その前に観劇したときには感じとれなかった感情や見えていなかった情景が、目、耳、心に届いてくるようだった。正直な話、初日ではほぼ「しめちゃんかわいい」「翼くんかっこいい」のような気持ちしか残らなかったし、驚くくらい何も思わなかった。しかし、その1週間後に2回目の観劇をしたときには鳥肌が立ったシーンもあったし、もがき苦しむマリウスに少し涙したりもした。こんなにも、同じ舞台なのにこんなにも変わるのかと、衝撃を受けた。そしてどんどんその世界観に惚れ込んでいった。

 

 

 

 

劇中歌やセリフ、好きなシーンなど(しめちゃん多め)
しめちゃんのセリフ2、3抜けてるとこもあると思うけれどババっとまとめていきたい。


割と序盤でプティくん登場。「マリウス」ではメインのキャストが登場するたびに拍手が沸き起こるというこれまた今まで経験したことのない観劇方法だったが、千穐楽ではプティくんの登場においても拍手が沸き起こっていた。千穐楽だいすきなオタクが集まってることバレてるよ、恥ずかしい、みたいな気持ちになったけど沸き起こってしまったものは仕方ないのでここぞとばかりに拍手した。

ファンシーエロティックな雰囲気を纏ったオーバーオール姿のプティくん。なんて天使のようなの。

プティ「船長!コンビネーションリングの修理、おわったよ!」
エスカルトフィグ船長「(客は来たか的な台詞)」
プティ「2人いたけど、鉄橋の方が速いからって、そっちいった。」
プティ「橋のほうが便利だよ?待つ必要はないし、タダだし。」

ちょっとボロいタオルで汗を拭いていると、マリウスがシトロンを出してくれます。千穐楽ではシトロンを出したあとマリウスがプティくんの頭をぽんぽんってしていて、「?!?!」となった。労わり方があたぽんなマリウス絶対モテる男…。
シトロン飲むプティくん、「っはぁーー」ってエロい。いやだ、えっちぃ、プティくん。聞こえるようにぷはぁってするのズルすぎ。好き。

船長にそろそろ行くか的なこと言われ
プティ「あいあいさーっ!」

店の外に出て街の人に呼びかけます
プティ「連絡船が出ますよーっ」

 

続いてファニーとマリウス2人のシーン。可愛らしい服装に着替えてきたファニーにマリウスは釘付け。
マリウス「素敵じゃないか、そのシュミゼット。」
ファニー「それよりシュミゼットの中身が見たいんじゃないの〜?」

からかうファニーがとても可愛い。

ファニー「臆病ね、あなたは、女の子がキッスしにきたら、気絶しちゃうんじゃないの?」
マリウス「俺はお前にキスされても気絶しなかったぜ?」
ファニー「あたしが?あなたに?キスした?」
マリウス「あぁ、ここに(おでこに)」
ファニー「いつさ?」
マリウス「ずっと昔。夕方桟橋でかくれんぼしたとき。あのとき、俺は、16で、お前は12、か3」
ファニー「あたし覚えてない」
マリウス「え、忘れちゃったのか?」
ファニー「だってかくれんぼするのは、男の子にキッス、したいからにきまってるじゃない」
マリウス「じゃあお前、他の男の子にもキスしたのか」

ファニー「したような気がするけど」
マリウス「誰にだよ」
ファニー「ビクトルかな?ルイだっけな?忘れた。昔のことはどうでもいいの。今のあたしにとっては」
マリウス「今のお前って?」
ファニー「…こっちの話。」

この一連の歌とセリフが混じったシーン、とっても可愛らしくて、本当に好きだった!!
いつの間にか歌で、いつの間にかセリフで、またいつの間にか歌なの。好きだったな〜〜。

 

シーンが変わってプティくんはマリウスのお店にいます。

セザール「(マリウスはどこいった的なセリフ)」
プティ「夕方桟橋にいたよ。おれ甲板洗ってるときにみた。」
セザール「1人でか」
プティ「ふたり。(手で2ってする)」
セザール「女か」
プティ「おとこ。ピコアゾー。」

(プティのこと見すぎてプティと喋ってる相手が誰で何を喋ってたのか把握してなさすぎな私。)
エスカルトフィグ船長「(ピコアゾーが高い金を餌にしてプティを他の船の船員として売り飛ばそうとしてた話)」
私(プ、プティくんあぶない…!>_< )
セザール「断ったのか?」
プティ「(椅子から立ち上がって)この船長が、捨て子の俺を拾って、仕事を教えてくれたんだ。この人は、俺の命の恩人だから、給料めちゃくちゃ安いけど、がまんして、一生懸命はたらくんだ。」

なんて良い子なの(号泣)男の子ひとりくらいおばちゃんが養ってあげるからねぇほらこっちおいでぇぇぇ(号泣)
ふざけてる場合ではない。プティくんはとっても心の優しい子。情に厚くて、自分を救ってくれた船長にとても信頼を寄せています。血の繋がりよりも大切なものを、プティくんは教えてくれます。


そしてプティにも好きな奴はいるのか的な流れ。
照れちゃってお顔を両手で覆うプティくん、この世で一番可愛い。私には天使が見えているのかもしれないと思った。

プティ『イギリス人は、I love you.
フランス人は、Je t'aime.
ドイツ人はIch liebe dich!
やさしい、やさしい、ベトナム人は、nh rất yêu em. nh rất yêu em. nh rất yêu em...』

お花を手に、愛おしそうにそれを見つめながら歌います。
しめは声の線が細いイメージがあったけど、以前より発声がとても綺麗になっていたし、台詞も歌も聴き取りやすくてスッと心に入ってきた。ビブラートもほんとに綺麗にかかってた。成長ぶりに驚いたし、公演を重ねるごとに更に伸びのある声になっていくのを実感して、この作品への向き合い方が手に取るように分かった。


翼くんフラメンコのシーン、舞台の下手側にてニャちゃんといちゃつくプティ。セリフはありません。ただただ2人がいちゃつくのを見るだけです。
2人肩を並べて海の方を眺めながら、手元は見ずにそっと、そっとニャちゃんの手をとるプティ。驚いたようにプティを見上げるニャちゃん。優しく微笑みかけるプティ。腰に手を回し、ゆっくりその手を肩に移し、そっと引き寄せる。ニャちゃんに「ねーねー、あっち、空の方を見て」とでも言うように指をさす。ニャちゃんがそちらを向いている間に、何やら手を後ろに回すプティ。トントンっとニャちゃんの肩を叩き、ニャちゃんが振り返るとパッと小さな花束を出す。わぁっと驚くニャちゃん。
なんだこれ。視界が幸せ。手を繋ぐにも触れるにも、全てが「恐る恐る」で、若くて純粋な2人の初々しさが存分に出ていたシーンだと思う。結局翼くんとダンサーの方のフラメンコは4回とも少ししか見られなかった。


またシーンは変わり、店の中にいるプティと街にいるニャちゃん。店の窓越しにニャと手を振り会うプティ。わーかわいい。かわいい。

マルセーユに到着したらしい船について
プティ「エンジンもついてるよ!最新式のディーゼルが!」
やっぱり船には興味あるプティくん少し興奮気味でかわいい。

エスカルトフィグ「おい小僧。我々も出港だ。」
プティ「あいあいさぁっ」

1公演で2あいあいさー。わたしは計8あいあいさーしたわけだ。かわいい。船長と陽気に「マルショーーー!マルショーーー!」って歌いながら去っていくの。かわ。いい。


急に話が飛びますが、マリウスが船乗りとしてマルセーユを出てから2ヶ月(?)くらい経ったころ。音沙汰ないマリウスにイラつくセザールの様子に
プティ「毎朝あのとーりだよ。」

客のブランさんたちが話す船の経路については
プティ「ポートサイドです。」「アーデンです。」と口を挟む火夫のプティくん、さすがお詳しくて。

一向に連絡がないマリウスからの手紙を待ちわびるセザールと大人たち、その中で
プティ「あっ、来ましたよ、郵便屋!」
プティくんもきっと待ってたんだよね、セザール宛にマリウスから手紙が届いたと知ると、おててをパチパチさせたりして。あぁそんなふうに歓迎されるマリウスになりたいよ私は。

マリウスからの手紙を1人で読みたいだろうと店にいた人たちは気を利かせます。
プティ「船長っ、船出の時間だよ!」
エスカルトフィグ船長、ブランさんと一緒に店を出て、たまには連絡船に乗ろうかというブランさんに対し
プティ「貸切ですよ」
と嬉しそう。
千穐楽ではブランさんに「1人かな?」と言われ「はいっ♡」と答えてた。アドリブかわいい。私には語尾にハートが見えた。かわいい。

 

 

どんなシーンで喋ってたかとか、記憶が薄れてきていて間違ってるとこたぶんあるけど、しめの台詞はざっとこんな感じだったような気がする。
何回聞いても語尾に「っ」や「!」が付きがちだし、所々ひらがなで喋ってるとしか思えないところもあった。わたしの感情のほとんどが可愛いで埋め尽くされ、語彙力は旅に出た。

 

 

 

 


■カーテンコールと
翼くんはほんとによくしめのことを見てくれたと思います。1回目のカテコでは翼くんや美織ちゃんがフラメンコを踊るのだけど、しめに「お前も踊れよ」という風に指をさして誘って、しめも「おれですか?!」みたいに反応している日もあった。そんな翼くんの存在は、1人でぽんと外に出たしめにとってすごく大きな支えになっていたと思う。最初の2週間くらいは、翼くんが踊ってる時は舞台の下手でずっと煽っていたのに、だんだん素で楽しめるようになったのか、煽りだけでなく真似して踊ったり動き回ったりするようになって、キャストのみなさん(特にトト役の方)とも打ち解けてるのがよく分かって、幸せな気分になった。

千穐楽のカーテンコール、いつものように楽しそうなのに、可愛いお鼻が赤くなってた。しめちゃん、泣くの?さすがに泣かないか。そう思ってたけど。2回目に出てきて、翼くんが挨拶を始めると、その頬にスッと涙が伝った。
大勢の人がいる前で涙を見せるとは思っていなくて、思わずもらい泣き。
きっと色んな思いがあったね。いつもいるTravis Japanというグループを離れて、初めて1人で出た外部の舞台、それがこんな大事な作品で、不安もプレッシャーもたくさんあったはず。しめの心の中なんて分かるはずないけど、少なくとも着実に成長していく様子を、「芝居をしない」をものにしていく様子を見てきたんだから、この作品に真摯に向き合ってきたことくらいは分かる。計り知れない努力を、汲み取ることくらいはできるよ。
千穐楽を迎えて気づいたのは、約1ヶ月間、舞台に立つしめのことをTravis Japanの七五三掛龍也ではなく、アイドルを封印した役者の「七五三掛龍也」として見ていたということ。万人にお前は甘いと言われたっていい、わたしの目には役者だった、しめは、ちゃんと役者だったよ。

 

素晴らしい監督さんのもと、温かいキャストのみなさまに囲まれて素敵な作品を作り上げるその姿に、嬉しさと誇らしさと尊敬と…色々な感情を抱きました。
約1ヶ月、音楽劇マリウスがひとつの作品として成熟していく様子を見ることができて、本当に良かった。

またひとつ、あなたを好きになりました。